肩こり、腰痛改善!感覚神経を理解すれば様々な体の問題は解決できる

脳、心理

 

こんにちはyoshiです。😃

 

 

神経について理解することで、

あなたの体の問題は意外にも簡単に

解決できることになるかもしれません。

 

 

ねこさま
ねこさま

脳と神経の仕組みが分かれば

肩こりや腰痛も簡単に自分で

治せるかもしれないにゃ。

 

よし
よし

脳と神経か~。

ぼくに分かるかな!

 

ねこさま
ねこさま

神経を学ばないと、

本当の意味で体を変えていくのは

難しいんだにゃ!

 

脳と神経の仕組みを理解することで

 

痛みや不調の改善

様々な体の問題を解決

筋力のアップ

柔軟性を高める

運動能力のアップ

ダイエット効果

 

などの効果が期待できます。

 

 

よし
よし

こんな効果があるなら

知らないなんてもったいない!

でも、理解できるかな。

 

ねこさま
ねこさま

思っているより簡単な

仕組みだから大丈夫だにゃ!

 

このことを理解すれば、

 

整体やマッサージ

カイロプラクティック

鍼治療

 

などにに行く必要もなくなり、

自己能力で体を調えることが出来るように。

 

 

そうなれば、

整体などに通う時間やお金も節約できて、

もっと有意義なお金と時間の使い方が

できるので良いですよ。

 

 

 

肩こり腰痛を改善するには感覚神経が大事

 

よし
よし

まずは、神経の構造を

知る必要があるよね。

 

ねこさま
ねこさま

神経は体全体に

網の目のように張り巡らされ、
無数の細胞や組織と連絡を

取り合うネットワークのことだにゃ!

 

神経には、末梢神経と中枢神経があります。

 

末梢神経

全身の器官・組織に分布する神経。

 

中枢神経

全身に指令を送る神経。

 

 

ねこさま
ねこさま

この、末梢神経は、

大きく3つに分類できるんだにゃ。

 

運動神経

全身の筋肉を動かす機能

 

感覚神経

痛み、冷感、触れた感触など、

皮膚の感覚や振動、関節の位置などを感じる機能

 

自律神経

血圧・体温の調節や心臓・腸など

内臓の働きを調整する機能

 

 

よし
よし

これらの神経が何らかの

障害によりダメージを受けることで

体に様々な問題を起きるんだね。

 

ねこさま
ねこさま

そこで、この感覚神経を

利用するんだにゃ~。

 

体が動く仕組み

 

ねこさま
ねこさま

動作は脳と神経細胞でつながった

回路によって制御されているにゃ。

 

運動をになう神経回路は

 

五感の情報などを大脳皮質(運動野など)が

運動の指令をを脳幹部を介して下行し脊髄へ伝わり、

筋肉へつながり、運動ニューロンが情報を伝えて

体が動く。

 

ねこさま
ねこさま

簡単に言うと、こんな仕組みで、

体は動くんだにゃ!

 

よし
よし

ちょっと!

ぜんぜん、簡単じゃないよ!

 

ねこさま
ねこさま

もっと、簡単にわかりやすく言うと

こうだにゃ!

 

目や耳や皮膚などを使って、

五感を通して集めた情報は、

感覚神経を通って、脳へ伝えられます。

 

それらの情報は整理され、

今度は脳から指令が出されて、

運動神経を通って体が自然に動く仕組みです。

 

よし
よし

それを何かで例えてみて。

 

ねこさま
ねこさま

例えば、

キャッチボールするときだにゃ~

 

相手がボールを投げる動作(視覚)で確認

「向こうからボールが飛んでくる」

 

神経を通り脳で認識して、筋肉に伝わりキャッチする。

 

神経を通じて筋肉へ指令が伝わる。

「ボールが肌に触れた(触覚)を感じつかむ」

 

脳から命令された指令により、ボールを相手に返す。

 

ねこさま
ねこさま

この流れがスムーズに

行えるのが脳と神経による

つながりから体が動く仕組みだにゃ

 

 

よし
よし

だから、何も考えなくても

体は自然に動くんだね!

 

 

神経がダメージを受けると

 

 

ねこさま
ねこさま

しかし、神経はとても

デリケートなんだにゃ~。

 

 

長時間同じ姿勢を続けたり、

無理な姿勢をとったり、

過度な筋肉への負担、

ストレス

 

などにより

 

筋肉が硬くこわばってきて血管を圧迫、

血行が悪くなり、

疲労物質を取り除くことができなくなる。

 

 

よし
よし

これを繰り返すことで、

肩こりや腰痛になるんだね!

 

ねこさま
ねこさま

さらに、神経に過度なストレスが

かかることで不具合が起きるんだにゃ

 

神経はストレスによりバランスをくずすと

 

肩こり、腰痛

頭痛、めまい

動機、息切れ

目の疲れ

耳鳴り

喉の詰まり

不安、イライラ

便秘、下痢

手足の冷え、痛み

 

などの様々な症状が出てしまいます。

 

 

よし
よし

これが、自律神経失調症だね。

 

 

感覚神経で体を変える

 

 

よし
よし

神経と感覚の伝わり方が

簡単におさらいすると?

 

ねこさま
ねこさま

感覚の伝わり方をこうだにゃ!

 

「感覚器官→感覚神経→脊髄→脳→脊髄→

運動神経→運動器官」の順に感覚が伝わる。

 

手で触れた場合

 

「手で感じる→感覚神経→脊髄→脳→脊髄→

運動神経→筋肉」の順で感覚が伝わる。

 

ねこさま
ねこさま

だから、感覚から脳に伝えれば

いいんだにゃ~。

 

よし
よし

どうやって?

ねこさま
ねこさま

まずは、前屈をしてみてくれるかにゃ

 

皆さんもやってみてね!

 

 

よし
よし

膝までしか手が届かないよ~

 

ねこさま
ねこさま

それじゃ~

体に感覚を与えるにゃ!

 

 

 

お尻から、もも裏、ひざ裏にかけて

手でさするように10往復してみてください。

 

すると!

 

よし
よし

さっきよりも手が伸びてる~!

体が柔らかくなったね。

 

前屈をしてみて、ツッパリを感じたところ、

腰やふくらはぎなどをもう一度、同じように

さすってみると。

 

 

よし
よし

腰にまだ少し、引っ掛かりが

あった気がするからさすってみるよ。

 

さっきよりもまた伸びた!

 

 

ねこさま
ねこさま

これが、感覚神経を

使って体を変える方法だにゃ~。

 

よし
よし

確かに、簡単に体が

柔らかくなったよね!

 

 

でも、肩こりや腰痛までは治せないよね。

 

 

ねこさま
ねこさま

繰り返し脳に伝えていけば

治る可能性は高いにゃ~。

 

しかし、神経は体中のあちこちに張り巡らされている。

そのため、肩こりの原因は、肩にはほぼない。

 

 

よし
よし

だから、肩をもんだり叩いたり

しても気持ちは良いけど効果は

ないんだね。

じゃ~どうすればいいの?

 

ねこさま
ねこさま

肩の動きを確認してから、

肩こりに関連している筋肉を

さすって、そのあとの動きやすさを

確認して見つけていくんだにゃ!

 

 

そうすれば、肩こりの原因である筋肉を

見つけることが出来るかもしれません。

 

※鎖骨周り、肩甲骨周り、腕などに肩こりの原因が

あることが多い。

 

 

よし
よし

その筋肉を見つけて

繰り返し脳に伝えていけばいいんだね。

 

 

ねこさま
ねこさま

しかし、慢性化した症状は感覚も

鈍くなり難しいんだにゃ!

 

その時は、頭から足までさすって確かめ

体の変化を見つけていくしかありません。

 

 

ねこさま
ねこさま

さらに、慢性化していると

脳の現状維持システムが働き

簡単には変えられないんだにゃ。

 

 

よし
よし

ホメオスタシスのことだね。

 

 

慢性痛、五十肩、腱鞘炎、自律神経失調症が治らない理由は人間の本能
長引く慢性痛が治らない原因や理由を詳しく解説しています。この事を知るだけでも改善の近道になるでしょう。

 

 

脳に効果的に伝えるには

 

 

よし
よし

もっと、脳に効果的に伝える

方法はないのかな~?

 

 

ねこさま
ねこさま

言葉をプラスすると良いにゃ。

 

 

五感を通して集めた情報は、

感覚神経を通って、脳へ伝えられます。

 

だから、言葉を使うことで聴覚からの

情報がプラスされるのです。

 

 

よし
よし

なんて言えばいいにかな~。

ねこさま
ねこさま

脳がイメージできる言葉がいいにゃ。

 

 

筋肉を柔らかくしたければ

ふわふわふわふわとさすりながら10回言う。

 

血流を良くしたければ

サラサラサラサラとさすりながら10回言う。

 

 

よし
よし

確かにこれなら、

脳もイメージしやすいかもね。

 

 

ねこさま
ねこさま

そして、少しでも体に変化を感じたら

良くなった実感を脳に教えるんだにゃ。

 

 

すると、脳は変化を受け入れて

治りやすい体になっていくのです。

 

 

よし
よし

これからは、

もっと脳や神経のことを考えて

治していくよ。

 

 

 

まとめ

 

腰痛や肩こりは神経を通して

脳からの指令で、コリや痛みを出しています。

 

だから、五感を通して脳に伝えていき、

良くなる方向に導いていくことが重要です。

 

まずは、前屈をして体を柔らかくする

方法を試して脳に変化を伝えていきましょう。

 

そうすれば、あとは脳が正しい支持を

出してくれるようになるので、

あらゆる身体の不調や痛みも改善していく

ことになるかもしれませんよ。

 

 

 

この記事が誰かのお役に立てれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

感謝いたします。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました