キャベツで胃腸の働きアップ!中華料理屋が教える塩味野菜炒めレシピ

美味しい健康レシピ

 

こんにちはyoshiです。

 

 

よし
よし

胃腸の調子がちょっと

気になるな~

 

 

ねこさま
ねこさま

それなら、キャベツを食べると

良いにゃ!

 

 

胃腸の調子を整えるにはキャベツが

おすすめです。

 

キャベツは薬膳効果も期待でき

胃腸薬でおなじみのキャベジンなどにも

使われています。

 

 

よし
よし

キャベジンの由来は

キャベツからきてるんだね~

 

 

ねこさま
ねこさま

キャベツは食べる薬と呼ばれていて

胃の痛み、不快感や、糖尿病、便秘や

吹き出物、ガンの発生まで抑えてくれる

働きがあると言われているにゃ

 

 

よし
よし

よし!今日はキャベツをたくさん使った

塩味の野菜炒めを作って食べるぞ!

 

 

今回は、キャベツの栄養効果と春キャベツと

春野菜を使った塩味のシンプルな野菜炒めの

レシピを紹介します。

 

 

シンプルな塩味でも野菜の美味しさを効果的に

引き出す方法を紹介します。

 

 

 

キャベツの栄養と効能

 

 

よし
よし

キャベツにはどのような

栄養と効果があるの?

 

 

ねこさま
ねこさま

キャベツは胃腸の働きを

良くするのは、もちろんがん予防まで

効果が期待できるだにゃ!

 

 

 

キャベツはヨーロッパ原産で、日本には18世紀の初め

ごろにオランダ人によって長崎に伝えられたと

言われ、もともとは薬草として使われていたそうです。

 

それから、胃腸の働きに効果があることから

健康食として食べられていたそうです。

 

 

 

 

ねこさま
ねこさま

キャベツのすごいところは

胃の粘膜の再生や、胃潰瘍の治癒に

効果があるビタミンUやビタミンKを豊富

に含んでいるところだにゃ

 

 

食べ過ぎや飲みすぎからくる、胃もたれや

ストレスからくる胃の不調に寒さによる胃痛

までキャベツを食べることで改善する効果が

期待できます。

 

 

よし
よし

だから、とんかつなどの揚げ物には

キャベツが添えられているんだね

 

 

さらに、ビタミンCの含有量も淡色野菜の中では

トップクラスだと言われています。

 

 

よし
よし

ビタミンCも豊富だなんて

嬉しいね~

外側の濃い緑部分に多く含まれている

と聞いたことがあったよ

 

 

カルシウムとビタミンKも含まれているので、血液の止血や

丈夫な骨を形成する効果も期待できます。

 

 

ねこさま
ねこさま

がん予防にも効果がある

みたいだにゃ!

 

 

がん細胞を抑制する成分として、「イソチオシアネート」

という成分が肝臓の解毒作用を促進する働きもある為、

発がん性物質が体内をめぐるのを防ぐ作用もあるそうです。

 

 

キャベツを使ったレシピ

 

 

よし
よし

それじゃ~

中華料理屋のぼくがキャベツを使った

料理の作り方を教えちゃうよ!

 

 

春キャベツと春野菜を使った塩味の野菜炒め

 

 

材料 キャベツ100g 人参10g タケノコ15g

ニラ5g スナップエンドウ3個 生姜2g

 

 

キャベツは食べやすい大きさに手でちぎる

人参は短冊切り

タケノコは穂先を縦にスライスしたもの

ニラは5,6㎝幅にカット

スナップエンドウは下茹でしておく

生姜は小さめの四角にスライスする

 

 

合わせ調味料 水 大さじ3 塩小さじ1/2

味の素少量 桜えび 小さじ1 すりごま小さじ1

 

 

 

よし
よし

桜えびとすりごまを入れるのが

ポイントだよ。

 

 

 

 

 

材料が準備できたら、あとは炒め合わせるだけ

まずは、生姜と人参から炒めるよ

 

 

生姜と人参を軽く炒めたらタケノコを入れて

キャベツを入れ炒める

 

 

だいたい炒めたら、ニラを入れて酒を小さじ1

と胡椒をふりかけて合わせ調味料を入れるよ

そのあとにスナップエンドウを入れて

合わせ調味料の水分が野菜に含んで少なくなったら

ごま油を適量入れて出来上がりだよ!

 

 

ハイ!完成です。

 

 

では、食べてみるね

いただきま~す。

 

 

野菜の味がハッキリと伝わってくるね~

すりごまと桜えびがダシの役目をはたして

くれているね!

 

 

サッパリしているのにコクがあるから

たくさん食べられちゃうね

 

 

よし
よし

春の栄養をたっぷり吸収できたぞ!

 

動画でも詳しい作り方を説明しています。

 

【中華の火力】野菜炒めは弱火でも強火でも同じように作れるのか検証する
塩味の野菜炒めの作り方を紹介しています。普通のフライパンで弱火で作るのと中華鍋で強火で作るのと仕上がりが同じになるのか分かりやすく検証しています。野菜炒めの詳しいレシピはブログで書いています。炎の料理は嘘#中華の火力#塩野菜炒...

 

まとめ

 

身近な食材のキャベツは胃腸の働きを

助けてくれて、栄養効果も高い嬉しい食材でした。

 

キャベツの栄養を理解して料理して食べることで

それが脳に伝わり、しっかりと効果を発揮してくれる

ことになるでしょう。

 

素材の味がしっかりと分かる、塩味の野菜炒め

も、是非、機会がありましたらお試しください。

 

この記事が誰かのお役に立てれば幸いです。

それではお大事にしてください。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました