自律神経とは?その正体と改善策

自律神経失調症

 

こんにちはyoshiです。

 

具合が悪くて病院に行っても、特に異常は

見つからず、自律神経失調症だと言われます。

 

「こんなに苦しいのに~」

「痛みも治まらないし~」

「めまいや耳鳴りもする」

「倦怠感が常にある」

「息苦しくなる」

「手足が冷える」

「胸が締め付けられる」

 

などこんなにいろいろな症状があるのに

異常がないって

 

「どうゆうことだよ~」

 

「誰か教えてくれ~」

 

 

ねこさま
ねこさま

よし!

わしが答えるにゃ!

 

 

よし
よし

ねこさま分かるの!?

そもそも自律神経失調症って

なに?

 

今回は自律神経失調症というものが

なんなのかを分かりやすく解説します。

 

自律神経とは

 

私たちの体には無数の神経があります。

その中で、内臓の働きなどを調整してくれる

のが「自律神経」です。

 

自律神経は、内臓の働きや代謝、体温などの

機能をコントロールするために、私たちの意志とは

関係なく24時間、休むことなく働いてくれています。

 

 

よし
よし

もっと単純に言うと

どんなこと?

 

 

ねこさま
ねこさま

じゃ~

手を握ったり開いたりしてみてにゃ

 

 

よし
よし

うん。出来るよ~

 

 

ねこさま
ねこさま

今度は心臓を止めたり

動かしたりしてみてにゃ!

 

 

よし
よし

そんなこと出来るわけないじゃんか!

 

このように手足を動かすことは意識して出来るけど

心臓などを無意識に自律的に動かしているのが

自律神経なのです。

 

 

ねこさま
ねこさま

だから自律神経は人間が生きるために

必要なことを無意識にやってるんだにゃ~

 

 

よし
よし

そうか!食べ物を食べたら消化されるし

呼吸も無意識に行ってるよね。

じゃ~自律神経失調症は自律で動く機能を

失っていることだよね~

不足してるってことかな~?

 

 

ねこさま
ねこさま

不足しているっていうよりは

過度に反応するようにってることだにゃ!

だから、必要以上に痛みが出たり不調に

なるんだにゃ~

 

交感神経と副交感神経

 

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類の

神経があります。

 

交感神経は昼間や活動しているときに活発になる

副交感神経は夜間やリラックスしているときに活発

になる2種類があります。

 

 

ねこさま
ねこさま

だからこの2つの神経のバランスが

崩れると心身にさまざまな不調をも

たらす状態になるんだにゃ~

 

 

よし
よし

交感神経が優位になって自律神経失調症

が起きているってよく言われるよ~

活動的になり、リラックス出来ないってことだね

 

 

私たちの体が健康に保たれているのは、この2つの

神経がバランスを取りながら働いてくれているからです。

 

しかし、心や体に支障をきたすと自律神経が乱れ

た状態になります。

 

仕事や人間関係の悩みでの精神的ストレスや

肉体疲労、不規則な生活などが自立神経の乱れの

原因になるといわれています。

 

自律神経は命を守る機能

 

自律神経は私たちの体を守るために、休むことなく

働いてくれています。

 

ですが、心や体の支障をきたすとなぜ自律神経は

乱れてしまうのでしょうか?

 

 

よし
よし

何でストレスや肉体疲労で

乱れるのかな~

 

 

ねこさま
ねこさま

それは命を守るために変化を嫌い

安心安全を求めるからだにゃ~

 

 

よし
よし

ストレスや疲労から心配や不安が生まれ

安心安全を脅かされることによって交感神経が

活発になりバランスが崩れるんだね。

 

 

ねこさま
ねこさま

そうじゃにゃ!

交感神経は戦う神経で副交感神経が休む神経

これがストレスや疲労の感情により安心安全を

守るため戦闘モードになるんだにゃ!

 

 

だから、自律神経は命を守る神経として現状維持を

しようとしますが、度重なるストレスや疲労により

現状の領域を超えてしまい起きているのです。

 

自律神経の正体

自律神経は脳にあります。

 

脳には3つの脳があり爬虫類脳、哺乳類脳、

人間脳があります。

 

その爬虫類脳が生きるための脳で

心拍、呼吸、体温調節、血圧、飲む、食べる、

性行動、安全意識などの生命維持を無意識に

行います。

 

恐れや不安を嫌い安心安全を求め、変化を

嫌い現状維持を望みます。

 

この爬虫類脳が自律神経の正体なのです。

 

詳しくはこちらの記事で紹介していますので合わせて

読んでくださいね。

 

健康になる、良い習慣が身につかない行動出来ない理由
3つの脳のメカニズムを知ることで、全ての問題の答えが見つかるかもしれません!

 

そして、無意識であるように自律神経は潜在意識の

領域にあるのです。

 

自律神経は潜在意識

 

私たちの意識(顕在意識)は5%も満たないなか

無意識(潜在意識)が95%を占めています。

 

 

よし
よし

自律神経の正体は潜在意識だと

いうことになるね~

 

ねこさま
ねこさま

だから病院で検査しても

異常がないんだにゃ~

 

よし
よし

自分の意識が原因じゃ~

どうすればいいの!

 

ねこさま
ねこさま

まずは自分自身を認めてあげる

ことが大切だにゃ~

これは自己不一致が起きてる

からだにゃ

 

これは顕在意識と潜在意識が別々の方向に

向いていることから起きているのです。

 

 

ねこさま
ねこさま

アクセルとブレーキを同時に

踏んでるようなもんだにゃ~

 

自分の意識では健康になりたいと思っていても

潜在意識は現状のままでいいと思っているのです。

 

すると潜在意識の圧倒的な力によって、不調のまま

になるのです。

 

そうなることで自分は無力な存在だと思ってしまう

原因なのです。

 

ねこさま
ねこさま

この意識と無意識のギャップが

大きく広がることによる分離感から

自律神経のコントロールが乱れる

のじゃにゃ!

この究極が鬱だにゃ~

 

自己不一致は自分の気持ちを押し殺してしまった

ことで起きています。

 

子供の頃に親や周りの大人から、

「ああしちゃいけない こうしたらダメ」と

教えられたことにあります。

 

特に厳しく躾けられた人には、それが強く

植え付けられているのです。

 

そのようなことから

 

「人の目を気にしたり」

「言いたいことも言えない」

「周りに迷惑をかけないよう意識し」

「協調性を持ち」

 

そうやって、周囲の空気を読むようになり

自分の本音が分からなくなるのです。

 

そうすることで、偽りの自分が潜在意識に

定着してしまいます。

 

顕在意識では健康になりたいと思っていても

潜在意識の本音では今のままでいいと思って

いるのです。

 

ねこさま
ねこさま

この相反する状態に意識が分離

していることが自己不一致じゃにゃ!

だからこれを一致させることが重要だにゃ

 

 

よし
よし

一致させるにはどうすればいいのかな~?

 

 

ねこさま
ねこさま

本音を取り戻すんだにゃ~

自己一致するには

 

自己一致とは簡単に言うと自分の本心に

気づいてる状態です。

 

心の中で感じていることと、発言と行動が一致

していることです。

 

顕在意識と潜在意識の思いが一つになり

同じ方向を向いたことが自己一致なのです。

 

 

ねこさま
ねこさま

例えば本音で生きている人って

どんな人だにゃ?

 

「やりたいことをやり」

「言いたいことをいう」

「周りを気にしない」

「自由気ままに行動する」

 

 

よし
よし

さっきの自己不一致の逆だね

確かにこのような人に自律神経が

乱れた人や鬱の人はいないね~

 

 

よし
よし

でも急にこんな風に変われないよ~

 

 

ねこさま
ねこさま

急にここまで変わらなくっていいし

変わる必要もないな~

人それぞれ本音は違うからにゃ

 

 

例えば、みんなでギョーザを食べに行きました。

すると、皿に一つ残りました。

 

本音ではすごく食べたいのです。

 

「でも恥ずかしいな~」

「いや!譲るべきだよ」

 

ですがここで、

 

「最後の一個、もらいま~す」

 

と食べることで

 

本音と行動を一致させることが出来るのです。

 

このような、小さな本音を積み重ねることで

自分の本音に気づくことが出来るのです。

 

 

ねこさま
ねこさま

この小さな本音を体験し素直に

嬉しい感情を感じることを少しずつ

積み重ね習慣にしていくことだにゃ

 

人間は急には変われませんし、直ぐに変わろうとすると

拒否反応を起こしてしまいます。

 

人間が変わりたくても変われないのは、こちらの記事に

書いていますので合わせて読んでみてください。

 

慢性痛、五十肩、腱鞘炎、自律神経失調症が治らない理由は人間の本能
長引く慢性痛が治らない原因や理由を詳しく解説しています。この事を知るだけでも改善の近道になるでしょう。

 

 

よし
よし

小さな本音を少しずつ表に出すことで

自分の本心に気づきやすくなるんだね

 

 

ねこさま
ねこさま

それが自転車を乗るように

当たり前になったときに自己一致

していることになるんだにゃ!

 

発言と行動を一致させる

 

顕在意識と潜在意識が分離しているのは

普段からの発言や行動が一致していないことが

原因にあります。

 

 

ねこさま
ねこさま

だから、言うことと行動を一致

させることが重要だにゃ~

 

 

例えば、ダイエットしたいから今日からお菓子は

食べるのをやめようと決めます。

 

次の日に、友達からお土産でお菓子を

たくさんもらいました。

 

そこで「やっぱり食べちゃお~」となることで

発言と行動が一致しません。

 

すると、潜在意識は

「あれ~言ってることが違うな~」

となります。

 

この発言と行動が一致していないことが

多くなれば潜在意識はそれが正しいと確信して

しまうのです。

 

だからダイエットをしたい思いはあっても、本心は

違うところに行ってしまうのです。

 

 

よし
よし

こうゆうこと良くやちゃうよね~

自分で潜在意識を混乱させて

良くない確信を与えていたんだね!

でも、これを改善するには簡単そうで

難しいよね~

 

 

ねこさま
ねこさま

それなら、もっと簡単に発言と行動を

一致させる方法があるにゃ!

 

 

よし
よし

それ知りたい!

教えて教えて~

 

 

ねこさま
ねこさま

それは、普段の生活を口に出して

から行動するだけだにゃ~

 

 

例えば、ご飯を食べるときに

 

「いただきます」

 

食べ終わったら

 

「ごちそうさまでした」

 

というように、食べる前に口に出して言い

行動する習慣が大切なのです。

 

ですが、これすら言わなくなっている人も

多いのです。

 

これが発言と行動が一致していることで

今から食べますと、脳にに伝える事で消化吸収を

して栄養になるのです。

 

トイレに入るときも、

「これからトイレに入ります」

と言うことで、それが脳に伝わり排出することで

一緒に悪いものも出してくれるわけです。

 

椅子に座るときは座る前に

「椅子に座ります」

立ち上がるときは

「立ち上がります」

 

 

ねこさま
ねこさま

これを潜在意識は聞いている

だにゃ~

だから、普段の簡単な発言と行動を

一致させるだけでも自己一致に近ずく

んだにゃ~

 

 

よし
よし

確かに言わなきゃ分からないよね~

 

 

ねこさま
ねこさま

何か人にものを頼むときも、事細かく

伝えないと間違った答えになることが

あるのと同じなんだにゃ~

 

 

だから、まずは言うことと行動を一致させることを

毎日、続けて習慣にすることなのです。

 

これを何年も繰り返し、潜在意識に浸透していくことで

自己一致できるのではないでしょうか。

 

そうすることで、自律神経も整い体の不調も改善して

いるはずです。

 

 

まとめ

 

自律神経失調症の原因は自分の中に

あります。

 

このことを理解して、自分の本音と向き合い

抑えていた思いを解放していくことで

もしかしたら、全てに問題を解決できるように

なるかもしれません。

 

この記事が誰かのお役に立てれば幸いです。

それではお大事にしてください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました