肩こり首こりにならない生活(五十肩、腰痛、テニス肘)姿勢の改善

姿勢

 

こんにちはyoshiです。

電車に乗って、席に座り本を読もうと下を見たら

   なんと

 チャックが全開でした!

 

前に女性が座ってる~

 

恥ずかし~

 

変質者だと思われる~

 

何事もなかったように、すました顔してチャック

かんりょ~う

 

それでは本題に入ります。

今回は日常の生活で肩こりにならないには

どうすればいいのかを考えてみましょう。

 

私は作業をした後は必ず、肩こりがやってきて

 

「なんだよ~また来てんじゃん、コイツ!」

「いい加減にしてくれよ~」

 

と思いながら、こののしかかってくる重みや苦しみ

耐えていたのです。

 

ですが、もう限界です!

 

「だれかたすけて~」

世界の中心で叫んでも

誰も着てはくれず、途方に暮れる毎日を過ごしていたのです。

 

もう自分でこの謎を突き止めるしかないと思い

調べまくるのです。

 

「じっちゃんの名に懸けてこの謎を解明してやる」

 

するとやっとのことで、答えにたどり着いたのです。

それは体の使い方でした。

 

私は日常の何気ない、体の使い方を間違っていたことにより

あいつら(肩こりや腰痛)に苦しめられていたんだと。

 

それを知った今は、あいつらに襲われることは殆どありません。

 

 

今回のブログを読むことで

日常生活をしている中での肩こりになる、原因を理解する

ことが出来て、肩こり腰痛になる可能性がほぼなくなります。

 

逆にこのことを知らないでいると、一生、肩こりや腰痛の原因が

分からずに、痛みを持ち続けて生きていくことになります。

 

なぜ肩こりになるのか

 

人間の頭の重さは5.6キロあります。

2リットルのペットボトル、3本を乗せて生活しているのと同じです。

そんな重い頭を支えているが、首と肩です。

 

人の腕は、肩関節の周りの筋肉によって吊り下げられています。

これらの筋肉には、腕の重みにより常に大きな負担がかかって

いるので、肩こりになりやすいのです。

 

よし
よし

どおりで頭が重いと思ってたよ

ねこさま
ねこさま

普通の人より顔がデカいからしょうがないにゃ

よし
よし

それは僕のコンプレックスなんだから

いわないでよ~

ねこさま
ねこさま

ごめんだにゃ~

肩こりの原因(筋肉疲労による)

 

  • 同じ姿勢での作業(デスクワーク、ゲーム、車の運転など)
  • 長時間のスマホ操作
  • 運動不足
  • 緊張やストレスによる力み
  • エアコンなどによる冷え
  • 腕の使い過ぎ

などが主な原因です。

 

肩こりの簡単な対策(筋肉疲労による)

 

  • 正しい姿勢にする
  • 長時間のスマホをさける
  • 軽いストレッチなどで身体を動かす
  • 音楽などでストレスの解消
  • 室温の温度調整
  • 腕を適度に休める

このような対策が考えられます。

 

体の使い方で肩こりを無くす

 

筋肉疲労による肩こりの、主な原因は肩関節の周りの筋肉

だということが理解できました。

 

なので、肩関節の周りの筋肉の負担を減らすことが

重要なのです。

 

物を持つときの負担を減らす

 

物を持つときに、肩に負担がかかります。

それを何度も繰り返すことにより、肩が引っ張られたり

緊張することで肩こりになります。

 

荷物の持ち方を変えるだけで、肩の負担を大幅に

減らすことが出来ます。

 

例えば、未開封の500㏄のペットボトルがあります。

それを腕を伸ばして持ってみてください。

 

10秒くらいでだんだん、重みで腕がつかれてきます。

人によってはもう少し長い時間で30秒がいいかも

 

今度はそのペットボトルを体の近くで持ってみてください。

どうでしたか?

10秒たっても30秒たっても疲れませんよね。

さらに、体につけると力が体に分散されて重みも

少なく感じるのです。

 

もっとわかりやすくすると、重たい段ボールがあります。

それを腕だけで持とうとすると、重たいですが体に抱えて

持つと楽になります。

 

これと同じで、荷物を持つときや作業をするときは

脇をしめて、肘をつけて体に近づければいいのです。

 

これは引っ越し屋さんなども、使っている方法なので

効果は抜群です。

物凄い重い家具でも体に力を分散させることで、楽に持てるのです。

 

もちろん、肩こりだけでなく腰痛も防ぐことが出来ます。

日常生活での肩こりを防ぐ

 

重いものを持ったりすること以外にも、この方法は使えます。

 

例えば、これは人にもよりますが電話してちょっと長電話に

なると話し終わった後に腕が疲れていることがあると思います。

それか話している途中に手が疲れて、入れ替えたりしないですか?

 

「そういえばそうだな~」と思った方は

携帯をもって電話のふりをしてみてください。

 

脇が開いて肘が浮いていて、体から離れていますよね。

でも脇をしめ肘を体に近づければ、長電話になっても

疲れたりしません。

 

(会話に集中して耳に意識がいき、力が入る場合はまた別です)

 

 

「食事の時」

食事では丼ぶりものやラーメンを食べるときは、口の前に

どんぶりを近づけ脇をしめて食べます。

(熱々のスープたっぷりは無理ですが)

 

肩こりの人は、どんぶりを持たずにテーブルに置いたまま

脇を開いて食べているのです。

 

 

デスクワークでももちろん使えます。

それはこちらの記事の下の方で説明しています。

体の痛みの原因は姿勢にある(体の使い方)
体の痛みの主な原因は姿勢にあります。簡単な方法で今までつらかった、デスクワークが劇的に改善する方法を紹介しています。
よし
よし

ドアを引いたり閉めたりするのも

そうだね

ねこさま
ねこさま

車のハンドルを握るときもそうじゃにゃ

よし
よし

考えると日常の中にたくさんあるね~

ねこさま
ねこさま

そうじゃにゃ~

習慣で身につけることが大切だにゃ

 

何か動作をするときは、対象を体に近づけ脇をしめれば

いいんだと覚えておけば大丈夫です。

 

 

まとめ

 

普段の生活の中でも、体の使い方が原因で肩こりや腰痛を

引き起こしています。

 

腱鞘炎になる人は、手に負担がかかるように物を持つ

テニス肘の人は、肘に負担がかかるように物を持つ

五十肩になる人は、肩に負担がかかるように物を持つ

 

同じ作業をしていても、肩こりになる人とならない人がいるのは

このことが出来ているかいないのかなのです。

 

しかし、今までの習慣や癖はそう簡単に直すことはできません。

それはホメオスタシスが働いてしまうからです。

でも、それを知っていることでゆっくり治していけばいいことが

分かります。

 

ホメオスタシスについての記事はこちらにありますので

参考にしてみてください。

 

慢性痛、五十肩、腱鞘炎、自律神経失調症が治らない理由は人間の本能
長引く慢性痛が治らない原因や理由を詳しく解説しています。この事を知るだけでも改善の近道になるでしょう。

 

でも今回、知ったことでこれを習慣づけできれば

肩こりになる可能性が少なくなるでしょう。

 

今回の記事が誰かのお役に立てることを祈っています。

ではお大事にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました