自分を変えるベストな方法「ミラーニューロン」を理解する

脳、心理

 

こんにちはyoshiです。

 

もらって、もらって、もらいまくり~

 

いらないから~

 

こんなの!

 

悲しんでる人を見たら

悲しくなる

 

おびている人を見たら

おびえちゃう

 

緊張してる人を見たら

緊張しちゃう

 

落ち込んでる人を見たら

落ち込んじゃう

 

怒られている人を見たら

その恐怖が伝わる

 

これってなんでなんだろ~?

 

 

 

いたみちゃん
いたみちゃん

それはミラーニューロンが影響してる

可能性があるわね~

 

 

よし
よし

ミラーニューロン?

 

 

いたみちゃん
いたみちゃん

他人の行動を見て、まるで自身が

同じ行動をとっているかのように”鏡”の

ような反応をすることよ

 

 

よし
よし

だから他人から影響を受けていたのか~

それならミラーニューロンのことをまずは

理解してみよう

 

 

今回はミラーニューロンのことを理解することで、

 

なぜ他人からの影響を受けてしまうのか?

 

どうしてこんな性格になったのか?

 

どうすれば、今の自分を変えられるのか

 

なりたい自分になれない理由は?

 

この悩みを解消できればと、考えて書いていきます。

 

 

ミラーニューロン

 

 

よし
よし

ミラーニューロンのことを

教えてくれる

 

 

いたみちゃん
いたみちゃん

ミラーニューロンとは脳にある

神経細胞のこと。

簡単にいえば「ものまね細胞」

 

 

あくびがうつる

 

ボクシングを見ていると体がピクピク動く

 

一緒にいる人がトイレに立つと自分も行きたくなる

 

お腹いっぱいでも、他人が美味しそうに食べていると

食べたくなる

 

 

よし
よし

よくつれしょん(みんなで小便)

してたのもミラーニューロンだったんだね

 

 

このように、人は鏡のように他人を自分に投影して

いるのがミラーニューロンです。

 

ミラーニューロンは他人の行動を見ているとき活発に動き

あたかも他人がしている行動を自分もしているかのように

脳に作用するのです。

 

 

いたみちゃん
いたみちゃん

ミラーニューロンは「共感細胞」

とも呼ばれていて、他人のことを

自分のことのように感じることが

できるとも考えられているのよ

 

 

よし
よし

だから怒られている人を見ると

自分も嫌な気持ちになるんだね

 

 

さらに、ミラーニューロンのおかげで他人の行動を

理解したり、新たな環境に順応することが出来たり

するのです。

 

 

ミラーニューロンの実験

 

 

いたみちゃん
いたみちゃん

猿の脳を使ったミラーニューロンの

実験を紹介するわね

 

 

イタリアのパルマ大学で一匹に猿が飼われていたの。

この猿の頭には、電極を図る装置がつけられていて

んだけど、研究員たちとは友達のように仲良く過ごし

ていたの。

 

 

 

そんな、ある夏の暑い日のこと一人の研究員が

ジェラートをもって研究室に入ってきたのね。

 

 

すると、ジェラートをおいしそうに食べる研究員を

みるやいなや猿の脳内の電極が異常なほど反応を

示したのよ!

 

 

その反応を調べてみるとジェラートムをもっていない

はずの猿の脳内で研究員と同じようにジェラートを

手に持ち、美味しくジェラートをなめていると認識され

ていたの。

 

 

よし
よし

これは驚きの反応だね!

 

 

実際にジェラートは食べていないのに、唾液を分泌して

ジェラートを味わっている反応が出たのよ。

 

 

いたみちゃん
いたみちゃん

それがきっかけとなり今では

ミラーニューロンの研究が盛ん

に行われているのよ。

 

 

性格はミラーニューロンで出来ている

 

ミラーニューロンは「ものまね細胞」と呼ばれるように

相手を鏡にように、自分に投影しています。

 

 

いたみちゃん
いたみちゃん

だから自分の性格は、親、兄弟、

友達、近所の人などの影響でできている

ことになるの

 

 

自分の人生は「自分で決めている」気がしますが、実際は

ほとんどが周りの人の影響で決まっているのです。

 

なぜなら、性格は感染するからです。

 

 

よし
よし

感染!

なんかこわく感じるけど、確かに親や

周りの影響で自分の性格が出来ている

のは納得だね

 

 

いたみちゃん
いたみちゃん

それに性格だけではなく、あらゆる面で

感染しているのよ

 

 

癖や言葉使い

考え方や思い

やる気や目標

精神力、忍耐力

恐怖心、不安感

喜びや幸福感

収入

肥満度

器用、不器用

嬉しい、ワクワク

緊張、ドキドキ

 

 

など人間は全てのものが感染するといっても

過言ではないのです。

 

 

よし
よし

そういえば、イチローが

こんなことを言っていたのを思い出したよ

 

 

自分のバッティングに影響するから、

下手な人のバッティングは見たくない

 

下手な人のプレーを見たら、自分も下手になる

上手い人のプレーを見たら、自分も上手くなる

 

 

いたみちゃん
いたみちゃん

つまり、能力は見るだけでも

感染することがわかるわね

 

 

よし
よし

それなら、自分がなりたい人の

近くにいれば感染して理想の自分に

なれることになるよね

 

ミラーニューロンで自分を変える

 

ミラーニューロンで、今までの自分を変えるには、

付き合う人や、環境を変えることが大切です。

 

 

いたみちゃん
いたみちゃん

まずは、自分がこれから

どうなりたいかを考えてみて~

 

 

よし
よし

そうだな~

自信に満ち溢れていて

たくさんの人から愛される存在になり

たいな~

 

 

いたみちゃん
いたみちゃん

だったら、そのような環境や人に近ずく

ことが大切ね~

 

 

 

よし
よし

え~そんな人、周りにいないよ!

環境を変えるのも難しいし~

 

 

いたみちゃん
いたみちゃん

それなら、まずはネットでそのような人を

探してその人のSNSやyou tube動画を見る

だけでも良いわよ。出来ればオフ会などに

参加して直接会うのがいいわね

 

 

よし
よし

でも自分とは違い過ぎるギャップや

差を感じてしまい、あこがれの存在に

終わることも多いよね

 

ミラーニューロンでも変われない理由

 

ミラーニューロンで変われる人もいれば、

実際に行動してみたけど変われない人も

いるのです。

 

それは、今までとは違う環境や人に近づくことで

居心地の悪さを感じてしまい分離してしまうこと

から起きていると思われます。

 

相手と自分は違うという、分離が強い人ほど

自己否定などが生まれてしまい、生きづらさを

感じてしまうからです。

 

そして、ダメな自分を積み重ねてしまい、抜け出せなく

なるのが現状です。

 

 

よし
よし

その根本的な原因は何なんだろ~?

 

いたみちゃん
いたみちゃん

それが分かれば、この問題も

解決できそうよね

 

育てられた環境の問題

 

 

私たちの人格は生まれてから10代(幼少期から青年期)

の期間にほとんどが出来ています。

 

これは「生まれ育った環境」で決まってしまうことを

意味します。

 

 

いたみちゃん
いたみちゃん

「親の背みて子は育つ」こんな

言葉を聞いたことあるでしょ。

 

 

よし
よし

両親の影響が大きく関係

しているってことだね

 

そして、そんな両親に順応するために幼少期に

創った人格のケースがほとんどです。

 

 

 

いたみちゃん
いたみちゃん

「新しい情報」を素直に受け入れる

ことができず、なかなか自分を変える

ことができない「呪縛の正体」は

両親の影響にあったのよ!

 

 

 

機能不全の家庭で育った場合、「両親が条件を付けた環境」

で生きていかなくてはならないため、それにそぐわないと

自己否定によって排除、分離に迫られます。

 

 

そのため、過剰な条件を付ける両親のもとで育った場合、

条件にそぐわない⾃分の要素が増えるため、大量に排除、

分離、⾃⼰否定する必要が出てきます。

 

 

 

いたみちゃん
いたみちゃん

機能不全の家庭で育った子供は、多大な

ストレスにより成人しても

心にトラウマを持ってしまうのよ。

 

 

子どものときに家庭内にトラブルがありトラウマを抱えたまま

大人になった人のことをアダルトチルドレンといいます。

 

 

また、現代社会で暮らす以上、子供に一切の条件をつけず

育てることも極めて困難です。

 

 

よし
よし

「あれはダメ」「これはダメ」

善し悪し、善悪などの条件だね。

 

 

いたみちゃん
いたみちゃん

なので、両親や家庭環境に問題を感じて

いなくてもトラウマやメンタルブロックを抱え

てることもあるのよ。

 

 

だから、生きづらさから自分を変えたいと思っても幼少期の

トラウマやメンタルブロックにより、抜け出せないのです。

 

 

よし
よし

だから、恐れや不安を感じるミラーニューロン

には反応して感染しちゃうんだね

 

もちろん、私も両親に「条件」をつけられて育ったことで、

トラウマやメンタルブロックのある人格で生き苦しんで

きました。

 

私の両親は飲食店をしていて、朝から晩まで働いて

いました。

 

まだ幼い私は両親に甘えたり、かまってもらい気持ちが

強かったので泣いたり騒いだりして、気を引こうとして

いました。

 

でも仕事が忙しく、それどころではない親はそんな私に

何度も、鬼の形相でしかりつけてきたのです。

 

そんな、親の不機嫌な様子や怒りの姿を見て、

 

「いい子にしないと愛されない」

「おとなしくしないと愛されない」

「ダメな自分では愛されない」

 

 

このままでは愛されないと確信してしまうのです。

 

さらに、気も弱く、体も小さかったため幼稚園や小学校

ではいじめられ、泣かされたことで「ダメな自分」を強め

てしまうのです。

 

その悔しさから、

「良い自分になりたい」

「認められたい」

「愛されたい」

 

と思う気持ちを強めていくのです。

 

そして、「良い自分」とは正反対の自分「ダメな自分」を

自己否定により排除、分離していきました。

 

この「ダメな自分」と「良い自分」の二元に

分かれて生きていたのです。

 

 

例えば、自分よりも劣っている人を見れば「良い自分」に

なり、彼らをバカにしたり批判する。

 

ところが逆に、⾃分よりも優れている人を見れば

「ダメな自分」になり、萎縮して何もできなくなるのです。

 

 

このように自分が二元に分離することで、自己否定を

繰り返すことにより、抜け出すことが出来なくなるのです。

 

私と同じようにアダルトチルドレンの可能性を感じる

ならまずは、このことを理解することが大切です。

 

そうすれば、モヤモヤしていた視界が少しは

見えてくるかもしれません。

 

二元論についてはこちらの記事で紹介していますので

合わせて読むと理解が深まりますよ。

 

人間関係、悩み全ては体験するために必要なことだった!?
小さな魂と太陽のお話を紹介しています。

 

 

 

まとめ

 

ミラーニューロンを知ることで、相手から色々な

影響を受けることが理解できたと思います。

 

怒られている人を見て嫌な気持ちになったとしても

これはミラーニューロンがやっていると理解すれば

不安も和らいでくることになるでしょう。

 

そして、自分の理想とする人や環境に身を置くことで

ミラーニューロンが勝手に影響を受けてくれます。

 

しかし、トラウマやメンタルブロックを抱えている人は

ネガティブな影響を受けやすいので注意が必要です。

 

自分とはかけ離れた存在に身を置くと居心地の悪さや

ギャップを感じてしまうため、逆効果になる可能性も

あるので、今の自分よりも少し上の人に近づくのが

ミラーニューロンで効果的に良くなる方法だと思います。

 

 

 

この記事が誰かのお役に立てれば幸いです。

それではお大事にしてください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました