[慢性痛]長引く痛みの正体は脳にある!

慢性痛

 

こんにちはyoshiです。

 

寒くなると、肩や腰が一層、

つらい季節ですな~

慢性痛が身に染みる日々を過ごしています。

 

何年も痛みが続いている、慢性痛になると

 

「レントゲンを撮っても原因は不明」

「病院や整体に通っても治らない」

「マッサージしても効果なし」

「ストレッチしても変化なし」

 

何をしようが原因すら分からないのです。

 

どうすればいいんだよ~

いつになったら治るのよ~!

誰かたすけて~っと

 

叫びたくなります!

 

この痛みの正体は

脳にあるかもしれません!

 

 

今回は脳が起こしている痛みのメカニズム

について調べてみました。

 

この記事を読むことで

何をしても治らない、長引く痛みの原因は

脳が起こしていることだと理解でき、

改善に近づくことが出来るかもしれません。

 

逆に、このことを知らないでいると、今までの

ように、ただ病院や整体に通っているだけに

なりお金も時間も無駄にして、永遠に現状が

続く毎日を過ごすことになるかもしれません。

 

 

痛みの正体は脳にある!

 

 

よし
よし

長引く痛みの原因は何なんだろ~?

 

いたみちゃん
いたみちゃん

それなら私が教えてあげるわ

 

よし
よし

痛みの本人が教えてくれるなら

間違えないね!

 

 

いたみちゃん
いたみちゃん

痛みとは体が発する警告信号なの

 

いたみちゃん登場の関連記事はこちら

痛みのシグナルに気づく(肩こり、首コリ、腰痛、五十肩、テニス肘、腱鞘炎、ひざの痛み)
体の痛みのシグナルに気づくことで、肩こりや腰痛になる可能性を抑えることが出来ます。気づいたらすぐに反応することで慢性痛になることも防げるでしょう。

 

痛みとは警告信号

 

 

痛みとは体が発する警告信号なのです。

体が危険にさらされると、体中に張り巡らされた

センサーが感知し、神経を経由して、脊髄や

脳に伝わることで、痛みを自覚するの。

 

 

いたみちゃん
いたみちゃん

こうして人間の体は危険から

身を守るように出来てるのよ

 

警告信号の役割があるのは最初の

1か月くらいで、それ以降はその役割は

少なくなります。

 

しかし、その痛みが長引いてしまうと

脳や脊髄に痛みが記憶されてしまい

なかなか直すことが出来ない

慢性痛になってしまう可能性が多いの!

 

 

2種類の痛み

 

 

いたみちゃん
いたみちゃん

痛みは2種類に分類できるの。

 

痛みは急性痛と慢性痛の2種類に分類できます。

 

急性痛は、怪我や火傷などによって起こる

もので、すぐに治る軽度なものから数か月

続く重度なものまであります。

殆どのものが半年くらいで治ることが大半です。

 

慢性痛は、これに対して、これ以上の期間

痛みが続くことをいいます。

 

 

いたみちゃん
いたみちゃん

急性痛は痛みの原因が

無くなれば消えるの

 

いたみちゃん
いたみちゃん

でも慢性痛は痛みの原因が

無くなっても消えないのよ~

 

通常の痛みの発生順序は

 

  1. 筋肉や骨などから痛みの信号が送られ
  2. 脊髄に情報が集められ
  3. 脳が痛みの度合いや場所を特定する
  4. 特定した場所が痛む

 

しかしこのとき、脳は正しく特定するときも

あれば間違って特定する場合もあるの。

 

痛みが急性のうちは痛みを感じるたびに

神経が興奮し、脊髄で神経を乗り越える

作業をしますが、痛みが長く続くと毎回

脊髄で神経を乗り換えることが手間になり

脊髄が勝手に脳に痛みの信号を送って

しまうの。

 

 

いたみちゃん
いたみちゃん

そうすると脳もこの情報を

痛みだと思って、原因がなくても

痛みを出し続けるのよ~

 

こうやって、痛みが慢性化することで

慢性痛になるのよ。

 

慢性痛が長引くと痛みが全身に広がる!

 

 

よし
よし

最初は肩だけが痛かったんだけど

肘、首、背中まで痛みが来て

全身が痛くなりつらいよ~!

 

いたみちゃん
いたみちゃん

それは脳が過敏に反応する

ようになっているんだわ!

 

よし
よし

じゃ~実際には体には

原因がないってことかな~?

 

いたみちゃん
いたみちゃん

そうね。

脳が過敏になり大騒ぎしているんだわ

 

 

例えば、あなたの家にネズミが出た場合!

 

普段通りに、食事の後片付けをして

皿洗いをしているときに

どこからか音がするのです。

 

「カサカサ カサカサ」

 

何の音だろ~

 

下を覗いてみると

 

すごい勢いで走り去るものが・・・

良く見ると!

 

「ひえ~ネズミだ~!!!」

と腰を抜かすほど驚いてしまうでしょう。

 

でもその時は、ラッキーなことに

そのまま外に逃げていってくれたので

助かりました。

 

ですが、また入られたら困るので

あらゆる隙間を埋めて対策をします。

 

そんな時に、また

「カサカサ カサカサ」

と音がして

ビクッとして、振り向くとペットの

猫が袋で遊んでいただけ

 

ねこさま
ねこさま

何をそんなに驚いてるんだにゃ!

 

このように過敏に反応するようになって

しまうのです。

 

1ヵ所の痛みが原因になり、脳が過敏に反応して

しまい全身が痛くなる慢性痛はこれと同じ

なのです。

 

寒くなると節々の痛みを感じるようになるのも

脳が過敏に反応することが原因なのです。

いわば、脳の痛みということもできます。

 

脳をリラックスして改善

 

よし
よし

慢性痛の主な原因は脳に

あることが分かったけど

どうすればいいのかな~

 

 

いたみちゃん
いたみちゃん

脳にストレスが起きているから

リラックスをあたえるのよ!

 

よし
よし

リラックスか~

なるほどね~

 

いたみちゃん
いたみちゃん

簡単な方法としては

アロマがいいわよ~

 

匂いを感じる嗅覚は脳にダイレクトに刺激が届くため

最も早く快か不快かを感じることが出来ることが

近年の研究でわかりました。

 

だからこそ、快適で心地いい香りを嗅ぐことが

ストレス脳を改善してリラックスする近道なのです。

 

事実、ストレス脳と診断されたニキビに悩む女性に

一般的に好まれる、石鹸の香りを1か月嗅いでもらった

ところ、脳の血流が左脳優位となり、リラックス脳に

変化したことが判明したのです。

 

また、ニキビの大きな原因である皮脂量が

リラックス脳になることで2割以上も減少した

といいます。

 

このように好きな匂いを嗅ぐだけで脳を

リラックスさせ改善につながるのです。

 

他にもリラックス出来る音楽を聴くことや

瞑想も効果的だと言われています。

 

簡単な瞑想法としてこちらの記事で

紹介しています。

ボディースキャンでストレス性の痛みの緩和
全身をリラックスすることで、体にたまったストレスを解消できるボディースキャンのやり方を紹介しています。

 

まとめ

 

慢性痛の原因は脳の過敏反応から

起きていることが理解できたと思います。

 

このことを知るだけでも、痛みとの

向き合い方は変わり改善に近ずくことが

出来るかもしれません。

 

出来るだけ脳をストレスから解放して

リラックスを与えることが大切です。

 

あなたに合ったリラックス法を見つける

といいでしょう。

 

この記事が誰かのお役に立てれば幸いです。

それではお大事にしてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました