自律神経失調症が治らない理由!

自律神経失調症

 

私自身も苦しんでいる、自律神経失調症が治らない理由を

自分の経験や知識をもとに話していきます。

まずは、自律神経失調症について簡単に説明しています。

 

自律神経失調症とは

 

不規則な生活習慣やストレスなどにより、自律神経のバランスが乱れるために起こる、様々な身体の不調のこと。 はっきりした内臓や器官の病変によるものではないため、症状の現れ方もとても不安定です。

 

 

よし
よし

自律神経失調症って言われたんだけど何のことなの~

ねこさま
ねこさま

簡単に言ったら原因不明の身体の不調のことじゃにゃ~

よし
よし

それだけじゃ~良く分からないよ~

ねこさま
ねこさま

「自律神経」という全身の働きが、
「失調」して、うまく機能しなくなったのじゃにゃ~

よし
よし

主にどのような症状があるの~

ねこさま
ねこさま

そうじゃにゃ~。

人それぞれじゃが、慢性的な疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、 下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれ、口やのどの不快感、頻尿、残尿感

精神的な症状としては

イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、ゆううつになる、感情の起伏が激しいなどがあるんじゃにゃ~

よし
よし

え~!!そんなにあるの~

体の悩みだけでなく、メンタルのことも含めて、
すべてに影響するのが「自律神経失調症」なんでね。
だったら、放っておけないね~。

自律神経失調症の、基本的な治し方は?

 

1)できるだけ生活習慣を健全にする
2)色んな薬を試していく
3)ストレスを減らして精神を安定させる

 

ねこさま
ねこさま

この3つが病院での治し方じゃにゃ~

 

一般的には病院に行き、診断結果により神経を落ち着ける

薬物療法による治療になります。

ただし、この治し方で実際によくなる人が多いかというと、
ご想像の通りです。

満足のいく結果は少ないでしょう。

また、神経系の薬には、
依存性をはじめとして、怖い要素がたくさんあります。

 

よし
よし

ぼくも、大変な思いをしたよ~

サインバルタって薬を主に飲んでいたんだけど

昼間は物凄く眠くって、なにも出来ない状態だったよ。

寝ても眠りが浅く、すぐに目が覚めてしまうんだ~

 

なので、病院で検査して自律神経と診断されたら薬物治療は

やめといた方がいいかもしれません。

なぜなら、同じように苦しんでいる人が多いからです。

例えば、体調が悪くなり病院に行くと、先生に言われがままに

薬を飲んで治そうとします。

 

つまり、自分の意志はなく先生に依存するしかない状態だからです。

自分では具合も悪いし、先生が間違いないと思うからです。

 

それに、普通の病院では簡単なアドバイス程度で薬を出すだけです。

よく、内科、精神科、脳神経外科、メンタルクリニックなど、色んな科を

受診される人がいますが、実は「どの科にいっても大差はない」です。

 

ではどうすればいいのかは、自力でケアしていくのが賢明でしょう。

しかし、それには自分の自律神経失調症について詳しく理解する

必要があります。

 

その方法については、このブログでも紹介していきますので

あなたに合った改善策をみつけてください。

 

現代人がなりやすい、自律神経失調症の1番の原因とは?

 

今の時代、自律神経失調症になる一番の原因はスマホやパソコンによる

電磁波の影響です。

 

よし
よし

スマホやパソコンなんて毎日つかってるよ~

ねこさま
ねこさま

そうじゃにゃ。

わしもパソコンでいろいろ調べているからヤバいにゃ!

 

特にスマホがこれだけ普及して、みんなが持っているのでたくさんの

電磁波の影響を受けてしまうのです。

 

例えば、電車に乗ればほとんどの人がスマホを見ています。

「この車両だけでもすごい電磁波じゃないか~」って

くらい大量です。それに電車自体も電磁波をたくさん出して

いるのです。

 

つまり、電磁波により体に静電気がたまり、そのせいで

血流が悪くなったり、極端なだるさになったりして様々な

症状が出てしまいます。

しかし、スマホもパソコンも使わない生活なんて無理です。

なので出来るだけ寝る前や休憩中などは体から離れた

ところに置くことだけでも意識するといいでしょう。

 

効果的な対処法として、こめかみを軽く押さえ目をつぶり

後ろ回しにぐるぐる20回くらいまわします。

 

まとめ

自律神経失調症について知ることで、自分のあった

改善策を見つけることが出来ると思います。

 

薬などには頼らづに、自力でのケアをお勧めします。

なぜなら、薬が逆効果になることも多いからです。

つまり、症状を無理やり抑え込むようなものです。

 

まずは、自律神経失調症について理解することで

自分自身と向き合い解決策を見つけていくのが

良いでしょう。

 

それではお大事にしてください。

改善に向けては、焦らずゆっくりですよ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました