ストレスからくる体の痛み(肩こり、首コリ、腰痛、自律神経)

ストレス

 

どうもyoshiです。

自転車で家に帰ろうと、見たらなんと!

 

サドルがない!!!

 

お~い 

どこ行ったんだよ~ 

帰ってこ~い

 

もし見つけた方がいたらご連絡ください

 

それでは本題に入ります。

 

体の痛みは主に筋肉疲労が原因だと思われていますが

ストレスからきていることも多いです。

 

 

私もストレスや感情をため込むタイプで、結果的に

痛みや不調で苦しむようになってしまいました。

 

「自分の思い通りにいかないとき」

「自分の意見が言えないとき」

「誰かに怒られたとき、注意されたとき」

「失敗したとき」

「解らないことや、苦手なことがあったとき」

 

まだまだ、たくさんありますが完全にストレスに

支配されていました。

 

ですが、考え方や思いを変えることで少しはマシ

になることが分かりました。

 

なので、今回はストレスが原因での痛みについて

考えていきましょう。

 

今回のブログを読むことで

ストレスをため込んでしまい、痛みや不調に苦しんでいた

原因や対策が分かり、ストレスと上手く付き合っていくことが

出来るようになるでしょう。

 

逆に、このことを知らないでいると、いつまでたってもストレスに

振り回されてしまい。永遠に痛みや不調に苦しむ人生になる

可能性があります。

 

よし
よし

いつも上司の息が臭くって

ストレスなんだよね~

 

ねこさま
ねこさま

わしも隣の猫の口が臭くって

ストレスじゃにゃ~

 

よし
よし

仕事でもいつも怒られてばかりで

ストレスが溜まってしょうがないよ

 

ねこさま
ねこさま

わしも猫集会の集まりで

もめごとに巻き込まれストレスじゃにゃ

 

ストレスと痛みや不調の関係

 

なぜ、ストレスを受けると「体の痛みや不調」が起こるのか。

 

ストレスとは体が緊張している状態です。

 

人間関係、仕事、環境の変化、健康状態、など様々な要因から

ストレスになります。

 

緊張状態は危機的状況を乗り切るために備えられた本能です。

 

脳が筋肉に「逃げるか戦うか」の選択を迫っている状態になります。

この緊張状態を起こしているのは脳です。

 

このようにストレスは、真っ先に脳に影響します。

すると、疲れた脳は、機能を落とし睡眠が浅くなるのです。

 

 

睡眠が浅くなることにより、疲れが残り体にたまることで

痛みや不調の原因になります。

 

また、ストレスに対処するときに「ヤバい、何とかしなきゃ!

という不安や緊張感を覚えるので、自律神経の機能も落ちます。

 

発散できないストレスは、こうやって、睡眠や自律神経を不調にすることで、

回復力を奪っていく」わけです。

 

なので、色んな場所に不調が出るのは、もう時間の問題ですよね。

だから、ストレス由来の症状というのは、本当に幅広く

しつこいものになってしまうわけなのです。

 

ストレスと向き合うには

 

ストレスは100%悪いもので、減らすべきものだと思い込んで

いることが実は悪影響を引き出しているのです。

 

実は、ストレスそのものよりも「ヤバい」のは、

「ストレスを怖がり過ぎること」です。

 

ストレスを怖がる人は大体、過ぎたことにイライラ、クヨクヨ

していることも多いでしょう。

 

「ストレスは悪いものだ。あってはいけない!」と思う気持ちが

余計に追い詰めることになるのです。

 

ストレスの良い部分

 

 

まず、適度なストレスは、脳の若さを保つだけでなく

幸福度さえ高める、というデータが出ています。

 

逆に、ストレスが全く無い環境では、だらけた生活になり

やすく、生きがいを感じなくなるリスクもあります。

また、脳の認知機能も低下すると言われています。

 

だからストレスはあっていいものだし、なくてはならない

ものなのです。

 

ストレスをコントロールする

 

ストレスは良くも悪くもなく、ただそこにあるだけのものなのです。

 

 

よし
よし

息の臭い上司で考えてみよう

ねこさま
ねこさま

また話がヤバい方向に行きそうだにゃ~

 

例えば息が臭い上司がいてストレスになっているとします。

 

その時、多くのストレスを感じる人は

「今日も上司の息が臭くてたまらねな~」

「勘弁してほしいよ」

「早く向こうに行かないかな~」

などを思うはずです。

 

ねこさま
ねこさま

臭いのは不快だにゃ~

 

ですが、人によってはこのように思わない場合もあります。

それは、捉え方が違うからです。

 

その上司のことを大切に思う人は

「胃の調子でも悪いのかな~」

「何かの病気ではないといいけど」

「かわいそうだな~」

と思うかもしれません。

 

ねこさま
ねこさま

息が臭いのに優しい思いだにゃ~

 

どちらも息が臭いという事実は変わりませんが

捉え方が違うだけで、ストレスの量も違うのです。

 

ただそこに「息が臭い」という現象があり

それに思いや意味をつけることで、見える世界が作られるのです。

 

だから捉え方を変えれば、ストレスは弱まることになります。

 

ねこさま
ねこさま

息が臭いことしか頭に入って

こないにゃ!

 

捉え方や思いを変えてみると

「息が臭いけど、この人大丈夫かな~」

「何かの病気なのかな~」

「忙しくて食事も出来ず、空腹なのかな~」

と思うかもしれません。

 

ですが物凄い、憎たらしい上司だったとしても

「あいつ息くさいわ~」

と不快に思いますが、これは現象にすぎない

ただあいつが息が臭いだけで、ストレスを感じるだけ

無駄であると思えるのです。

 

ねこさま
ねこさま

にゃるほど~

たんに、息が臭いだけだにゃ~

 

さらに、そこで多くのストレスを感じてしまうと

上司の息の臭さに頭が支配されてしまい

「あの野郎~許せないやつだな~」

「ムカつくよ」

などさらに大きくなり、イライラが募るのです。

 

ここが一番、ストレスをため込む原因になるのです。

「イライラ クヨクヨ モヤモヤ 」

と思いを巡らせて、ストレスを高めてしまうのです。

 

ねこさま
ねこさま

確かにそうなってるにゃ~

 

なのでストレスをコントロールすれば、少ないストレスで

済むようになるのです。

 

さらに、それを笑いに変えるという方法もあります。

 

「やべ~上司の息くさすぎておもしれ~」

「みんなから臭い人って思われちゃうよ~」

「くちくさ管理職ってあだ名つけちゃお」

と笑いに変えるのです。

 

 

ねこさま
ねこさま

あだ名までつけちゃったにゃ!

 

怒られたとしても

「息くさいのに、あんなに怒ってる~」

「臭くて説得力がないよ~」

と思うことでストレスが軽減されるのです。

 

ねこさま
ねこさま

それはちょっと失礼じゃにゃいか?

 

でもそんなこと思うの「失礼だろ~」って考える人も

いるでしょうが、自分の心の中での思いなので自由です。

 

誰に迷惑をかけるでもなく、傷つけることもないのです。

 

このように思いや意味を変えるだけで、ストレスは軽減する

ことが出来るのです。

 

ねこさま
ねこさま

長々と息の臭い話してんだにゃ!

 

しかし、思いを変えるのは少し高度な感じがするし

切り替えられない場合もあると思います。

 

 

そんな時のストレス対策としてアイテムを持つのです。

これは人によって違うので自分に合ったものを見つけてください。

 

「お笑いの動画を見る」

「カラオケに行く」

「ペットと触れ合う」

「猫動画をみる」

「自然を楽しむ」

「甘いものを食べる」

 

何でもいいので自分に合ったアイテムを持ちましょう。

 

ストレスのある出来事が起きたときは、このアイテムが

あるから大丈夫なんだと思うことで、今までよりも

楽になるはずです。

 

さらに、そのアイテムを3つ、紙やスマホのメモに残して

お守りとして身に着けるといいです。

 

何かストレスがあったら、これを見れば大丈夫だと思う

だけでも安心できるでしょう。

 

まとめ

 

 

ストレスのことを理解することで、対策が出来て

苦しむことも少なくすることが出来ます。

 

ため込むと痛みや不調になり、大変なことになります。

なので、少しでもいいので対策してみてください。

 

それだけでも、今までより楽な人生になるはずです。

 

今回もこの記事が誰かのお役にたてれば幸いです。

それでは、くれぐれもお大事にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました